HOME > 下肢静脈瘤とは > 下肢静脈瘤の症例

下肢静脈瘤・症例集

都内クリニックの協力による症例集

波長980nmレーザーでの治療例

70代女性
左下腿の痛みを主訴に受診。 症状の原因である左下肢静脈瘤に対して レーザー治療と追加の硬化療法を実施。 左は980nmの保険レーザー、 右は1470nmの保険レーザーで治療を行った。 いずれの脚も順調に経過している。 術後早期には980nmの方が痛みが強かったとのこと。

>> もっと見る

波長1320nmレーザーでの治療例

40代女性
右下肢静脈瘤に対して血管内レーザー治療を実施した。 術後3か月の時点で残存している末梢拡張血管に硬化療法を追加して対応している。経過自体は順調。

>> もっと見る

波長1470nmレーザーでの治療例

50代女性
左下腿のボコボコ浮き上がる血管が気になり受診。 当初は自費の2000nmのレーザーによる治療を予定していたが、 ご家族の同意が得られず保険適用の1470nmのレーザーで治療を実施。 術後1か月目に硬化療法を追加した。 大腿部の重い痛みが術後一時発生したが問題なく経過。

>> もっと見る

高周波アブレーションでの治療例

60代女性
両下肢の こむら返り だるさ むくみ 痛み 痒さ 湿疹など下肢静脈瘤にみられる 殆どの症状を有していた患者さん。 知人の紹介で当院を受診された。 両大伏在静脈瘤 左小伏在静脈瘤に対して 保険適用の高周波焼灼術を施行。 処理が必要な血管が3カ所あったため2回に分けて手術を実施した。 手術後1週間の時点では内出血が見られ拡張血管がまだ残っているが、 患者さん曰く、脚が非常に軽くなり、立ち仕事をしても全くつらくなかった、と。

>> もっと見る
ページのトップ