HOME > 下肢静脈瘤の手術 > 治療体験記

治療体験記

ここでは、実際に治療を受けた先輩たちの体験談から、「下肢静脈瘤」の症状や治療法をご紹介していきます。

治療体験記1:

念願だったスカートが、はけるようになりました。

5年前のフラダンスのレッスン中、突然に足がつったのが、私が足の異変に気づいたきっかけ。慌てて鏡で確認してみるとひざ裏からふくらはぎにかけて、血管が浮かび上がってミミズ腫れのようになっていました。自分で見ても気持ちが悪く、その日から人前に足を出せなくなり、好きだったスカートも全く履かなくなりました。

長年悩んでいましたが、思い切って行った病院で「下肢静脈瘤」だとはじめて知り、紹介された専門病院で検査・治療を受けた結果、あんなに悩んでいた苦しみから解放され、またスカートをはけるようになりました。

治したくても、手術には恐怖心がありました。

はじめて自分の足の異変に気づいてから、どんどん足に不調を感じるようになりました。立っているときも横になったときも、足がだるく、常に疲労感が消えません。そのうち、毎晩のように足がつって目が覚めるになりました。毎日悪くなっていくような感覚がして、ようやく決心し、病院へ行こうと考えたんです。

ですが、どこを受診したらよいかわからず、血管が浮き出て皮膚が赤紫色になっていたことから、とりあえず皮膚科へ行ってみました。するとその病院でこれは下肢静脈瘤という病気ですので、血管外科か専門の病院へ行くようにと言われたんです。私はこの時初めて「下肢静脈瘤」という病気を知りました。家へ帰ってからさらに詳しく調べてみると、その治療には手術が必要とのこと。手術には恐怖心がありましたので、できればしたくないと思ってしまいました。

腫れが引いていくのは、長年の悩みが溶けていくようでした。

しばらく様子を見よう、とそのままにしていたのですが、浮き出た血管も相変わらずそのままで、足のむくみやだるさについてはだんだん強くなってゆき、やがて痛みを感じるようにまでなりました。落ち着くどころか進んでいく症状に、これはためらっている場合ではないと悟り、再発の危険性が少なく、しっかりと治すのに手術以外の方法はないかと調べていたところ、下肢静脈瘤の専門病院で血管内レーザー焼灼術をおこなっていることを知りました。

これでしたら全身麻酔や入院の必要がないと分かり、やっと病院の門をたたいたんです。そこでお医者さんから下肢静脈瘤という病気の詳しい説明を聞くことが出来ました。自分の足も診てもらい、具体的な治療の方法についても説明してもらいました。その結果、保険適用外で治療費は高かったんですが、血管内レーザー焼灼術を受けることを最終的に決意しました。

血管内レーザー焼灼術はびっくりするほどあっけなく、本当に終わりなのかしつこく聞いてしまいました(笑)。しかし治療後は、ミミズ腫れのようだった血管も徐々に目立たなくなり、触るとまだ腫れた感じはしますが、傍目にはまったく判らないところまで回復しました。むくみと色素沈着も順調に薄くなっていっています。素足になっても人の目を気にしなくていいのは実に5年ぶりで、長年の悩みが溶けていくようでした。今は、ずっと諦めていたスカートを履いて、外出を楽しめるようにまでなりました。

治療体験記 2:

出産後、足のことで悩むとは 思いませんでした。

嬉しい妊娠そして出産と、幸せ続きだった女性ですが、出産後まもなく足の異変に気づきました。下肢静脈瘤は出産後の女性にもできやすい病気だと言われています。彼女に現れた症状はどのようなものだったのでしょう?

出産の喜びもつかの間、変わり果てた足にショックを受けました。

最初の子供は女の子でしたので、2人目の時は男の子がいいなぁ、と思っていましたら、願ったとおり長男を授かって家族一同大喜びをしておりました。新生児とお姉ちゃんのお世話であわただしい日々を送っていた中、なぜか、立ちあがる瞬間に足に痛みが走るようになりました。むくみも出て最初は育児疲れかと思っていましたが、だんだん、立っているだけでも痛みが走るようになってしまいました。しかし、やはり疲れているんだろうと深く気にせず過ごしていたんです。

ある日、だるい足をマッサージしていると足の裏側、ふくらはぎのところにボコッとした変な感触があります。不思議に思って見てみると、血管が立体的に浮き出て足がぼこぼこになっているではありませんか!本当にびっくりしました。それまで全く気付かなかったので、いつからこんな状態になっていたのかわかりませんが、出産前は確かにそんなことはありませんでした。

思いきって病院へ。『治る』と言われてうれしかったです。

自分のぼこぼこした足の状態に驚くと同時に、これが一体何なのかその時は分からず、何かの病気なんじゃないかとすごく不安になりました。そこで、長男の検診の際に、婦人科の先生に相談してみました。先生によると「これは下肢静脈瘤なので、早めに専門医を受診したら良いですよ。」とのこと。

出産後になる方が他にも多くいらっしゃるそうです。その時の私は下肢静脈瘤がどんな病気なのか知りませんでしたので、内心の不安は高まりましたが、とにかくアドバイスに従い、下肢静脈瘤専門病院を訪ねました。とても緊張していたので、お医者さんに、「大丈夫ですよ。下肢静脈瘤は治療で治すことができます。」と言っていただいた時は本当にうれしかったです。

日帰りでき、すぐに変わりなく生活できたので、助かりました。

私の下肢静脈瘤は伏在静脈瘤という種類で、治療方法としてストリッピング手術と血管内レーザー焼灼術の2種類を提示されました。どちらも私のような症状の静脈瘤には適した治療法なのだそうです。経済的な面では保険適用の治療法であるストリッピング手術を選択しても良かったのですが、保険適用外で出費は痛くとも、私は血管内レーザー焼灼術の方を選びました。

その理由としては、やはり子供のことがありますので、日帰りでき治療に時間がかからず日常生活にすぐに戻れるというのが、私には一番でした。施術当日も緊張する私に先生を始め病院の方がやさしくフォローしてくれあっという間に終わり、術後の1~2週間は多少つっぱるような感覚はありましたが、その後は問題なく普段通り過ごせましたので、すごく助かりました。治療後は育児や家事をしていてあんなにつらかった足のだるさや痛みから解放され、子供たちとのお散歩が今はとても楽しいです。

治療体験記 3:

恐ろしい病気なんじゃないかと、毎日不安でした。

私は飲食店に勤務しており、仕事は立ちっぱなしでおこなうことが多く、足の疲れは日常的に感じていました。しかし数年前からむくみが取れづらくなり、趣味で続けているマラソンの最中や、仕事中、就寝中など、頻繁に足がこむら返りを起こすようになったのです。最初は、「年齢が上がってきたことから、以前より足の疲れを感じるようになったのか」と思っていました。

マッサージにもかかりましたが、思ったような改善は見られませんでした。そんな違和感を感じ続けて数年たったある日、入浴中に鏡に映った自分の足を見て血管が異様に浮き出ていることに気がついたのです。感じ続けていた違和感が、何か悪い病気の予兆ではないかと不安になりました。

先生が丁寧に説明してくれ、これなら任せられると安心しました。

家族にも足を見せましたが、「確かに浮き出てるけど、男なんだし気にするほどじゃないんじゃない?」と言われてしまいました。その時は自分の取り越し苦労かとも思ったのですが、足の辛さは依然変わらず続いており、やはりどうしても気になったので同業の友人に相談してみました。すると、血管が浮き出ているのなら下肢静脈瘤かもしれないと言われたのです。

下肢静脈瘤、という言葉はなんとなく聞いたことがありましたが、どんなものかは全く知りませんでした。とにかくこの足の不調が改善されるならと整形外科の病院を訪ねてみましたが、治療には大きな病院で入院手術が必要とのことで、仕事のことを考えると断念せざるを得ませんでした。そこで、別の下肢静脈瘤の専門病院を訪ねることにしたんです。受診してみると、不安がる私に対しとても丁寧に説明をしてくれて、ここなら任せて大丈夫と、安心して治療を受けることが出来ました。

趣味のマラソンも、サポーターいらずで楽しんでいます。

先生からは幾つかの治療法を紹介されましたが、日帰りが可能だということでしたので、私は保険が適用されるストリッピング手術を選択しました。術後にしばらく痛みは残りましたが、それでも日常生活に支障が出るほどではなくて済みました。そして現在、まだ少し血管は浮き出ていますが、あれほど悩んでいた足のむくみはすっかり無くなりました。

こむら返りもほとんどしなくなり、以前はサポーターなしでは不安だった趣味のマラソンもサポーターなしで楽しむことができるようになりました。足の不調をあまり訴えなくなったので、家族もその効果に驚いており、こんなに改善されるのであれば、もっと早くに受診していれば良かったと思いました。
ページのトップ