HOME > 下肢静脈瘤とは > どうすれば治りますか?

どうすれば治りますか?

具体的にどのような方法で治るのでしょうか。専門医の病院に行くと、どのような治療法があるのでしょう?サプリメントや内服薬などで治ることは可能なのでしょうか?

自分でできる治療方法はありますか?

「下肢静脈瘤」は病院での治療が不可欠です。自然治癒する、またはセルフケアだけで治る、ということはまず望めません。 そのため治療については専門医にお任せするしかありませんが、予防という観点では、医療機関に委ねることなく自分自身のセルフケアが大切になってきます。

例えば自分で脱着できる弾性ストッキングを日常的に使用することは、血流の循環をサポートし、逆流弁にかかる負担を減らすことから、静脈瘤の発症を予防するのに効果的な方法です。 治療後のケアにも、弾性ストッキングは利用されます。また、フットバスでの足浴や半身浴などで、全身の血流を良くしてあげることも「下肢静脈瘤」の予防には有効と考えられています。

また脚の筋肉を弱めないことも静脈還流の改善には必須です。脚の筋肉は第2の心臓と呼ばれ、下肢にたまった血液を心臓に戻す駆動力になり、これがしっかりと働くと脚から心臓に戻る血液循環がスムーズになり下肢静脈瘤の原因となる逆流が抑止できます。

下肢静脈瘤は何科を受診すればよいでしょうか?

下肢静脈瘤の血管内焼灼術(レーザー治療、高周波アブレーション)専門に対応する診療科は血管外科ですが、これらの治療が普及することにより、下肢静脈瘤の治療を複数の科が担当するようになってきました。例えば、形成外科、皮膚科、放射線科、循環器内科などです。

そもそも従来の下肢静脈瘤の根治手術は、一般外科が担当していました。その後専門領域として血管外科が専門に担当する科となりました。血管内治療が普及しても、従来の手術を含めた総合的な治療が可能なのは血管外科医なので、下肢静脈瘤の治療を希望する場合は、基本的には血管外科を受診すべきです。

しかし、日本の医療機関は標榜が自由なので、血管外科領域の手術の修練が十分な医師が不在でも、医療機関名に血管外科を付加することができます。そして下肢静脈瘤の治療が普及する中で、十分な診療経験を有する血管外科医が不在でも、意図的に血管外科を標榜する医療機関が増えています。担当医が一般外科や血管外科としての修練を十分積んでいるか否かが、そこが信頼できる医療機関であるかどうかを判断するポイントになります。

病院ではどんな治療をするの?

血管外科や下肢静脈瘤を専門に取り扱う病院でおこなっている治療は、大きく「圧迫療法」「硬化療法」「高位結紮術」「ストリッピング手術」「血管内焼灼術」に分類することができます。中でもこれまで多く行われてきた治療法が「ストリッピング手術」です。弁の壊れた静脈を引き抜いてしまう外科手術ですが、以前は1~2週間の入院治療が必要でした。

現在では麻酔薬や手術技術の向上で、日帰り手術も可能となりました。この手術法と並んで治療に大変有効な方法として最近増えてきたのが、「血管内焼灼術」です。レーザーや高周波治療器を用いて血管内治療で下肢静脈瘤を治療します。血管内レーザー治療、高周波アブレーション、ラジオ波治療、RF治療などと呼称されることもあります。体にダメージが少なく回復が早く術後の生活制限が少ないことが大きな特徴です。伏在静脈瘤のような太いものだけでなく、網目状静脈瘤等の細い静脈瘤の治療には、硬化療法や体外照射タイプのレーザー治療が適応になります。硬化療法ができない細小の静脈瘤(例えばクモの巣状静脈瘤)に対しても体外照射タイプのレーザーは対応ができるという特徴を持っています。

どのような検査法がありますか?

視診・触診でわかる明らかなコブ状の静脈拡張や、上記典型的な症状がある場合は明らかですが、発症ポイントの同定や下肢静脈瘤のタイプを確定するために①ドップラー血流検査、②血管パルスドップラー超音波検査などの体に負担のかからない検査を行います。以前は下肢静脈造影が良く行われましたが、最近は超音波検査のレベルが著しく向上したため、患者さんの負担が大きい下肢静造影は殆ど行われません。深部静脈血栓症が疑われた場合はCT造影検査が有用です。

主な検査方法は以下の通りです。

① ドップラー血流検査…
皮膚に小さい超音波端子をあてて、血液音により逆流の有無を調べる検査です。極めて簡単な検査です。

② 血管パルスドップラー超音波検査…
血管専用のモードで超音波プローベを皮膚にあてて、血流、血管の太さや走行を確認し、逆流の有無を判定する検査です。痛みは全くありません。

 
 
   
カラードプラ検査 下肢のエコー画像
 
血管用
(リニアプローベ)

サプリメントや内服薬で治りますか?

手術など外科的な治療は怖いので、サプリメントや内服薬で治すことはできないかとお考えになる方も少なくはないと思います。しかし残念ながら、サプリメントや漢方薬を含めて、飲み薬で下肢静脈瘤が治ったという報告は、現在のところありません。やはり、きちんと治そうと思ったら、病院での検査を受けて適切な治療をおこなう必要があるのです。

ただ、静脈瘤の予防という観点から考えれば、ドロドロ血液を改善し血流を良くする、むくみを改善するなどの効果が期待できるサプリメントや内服薬を服用することは、一つの方法ではないかと思われます。どちらにしても自分の症状に合う治療薬を選定するには、医師とよく相談してください。
ページのトップ