HOME > 下肢静脈瘤の手術 > 各種血管内焼灼術比較

各種血管内焼灼術比較

1470nmレーザー焼灼術

<特徴>

ラジアル2リングファイバーにより血管壁に垂直にレーザー照射ができる。

<利点>

保険適用である。 ラディアルファイバーの採用により治療効果が高まった。

<欠点>

使用するファイバーやカテーテルが太い。 照射中に血管がファイバーに付着してなめらかな照射ができなくなることがある。

2000nmレーザー焼灼術

<特徴>

下肢静脈瘤治療に用いられる現存のレーザーの中で最高波長。 水(組織)への吸収率が最も大きい。

<利点>

手術時間が短く、小さい照射エネルギーで血管の処理能力が優れている。 術後の回復が早く通院回数が少ない。

<欠点>

保険適用ではない。このレーザーで治療できる医療機関が少ない。

高周波(ラジオ波、RF)焼灼術

<特徴>

血管内を高熱(120℃)にすることで血管壁を変性させ血管閉塞を来す。

<利点>

保険適用である。 手術時間が短く手術操作が比較的楽。

<欠点>

照射範囲が短い血管や、蛇行が強い血管が治療しにくい。 血管径が大きい血管の処理に不安がある。


ページのトップ